作業員

原状回復工事をしてくれる業者を探す|無料相談サービスを利用しよう

現状と原状回復の相違点

リフォーム工事

正しくは原状回復

賃貸物件の契約書類には賃借人は原状回復義務を負うと書かれています。この原状回復義務とは、入居者が賃貸物件を退去する際には、入居当時の状態に戻して明け渡す義務があるということです。更に、原状回復にかかる費用は入居者が負担するという意味もあります。もっとも、原状回復費用の全額を入居者が支払う必要はなく、原状回復のガイドラインに沿った金額を負担します。賃貸に入居する時は、元の状態に戻す義務があることを理解することが大切です。しかし、原状回復をインターネット検索すると現状回復という言葉が出てくる場合があります。この現状回復の言葉の意味を考えると、現在の状態に戻すという意味になり、日本語として成り立たなくなってしまいます。現状回復は原状回復の変換ミスで正しくは原状回復になります。時折、現状回復と書いてあるものがありますが、間違いですから注意しましょう。原状回復という言葉は、一般住宅やマンションのリフォーム工事でも使われることがあります。この場合の原状回復は、劣化して壊れたり、汚れたりした場所を新築当時の状態に戻すという意味で使います。原状回復工事には、設備や配管、給湯器などを新しいものと交換する工事や傷んでいる場所の修繕工事などがあります。マイナスの価値になっている場所をゼロの状態に戻すことが原状回復の定義です。これが、現状回復工事だと現在のままの状態にすることになり、マイナスはゼロに回復しません。契約書などに現状回復と書かれていた場合は、業者に確認が必要です。