作業者

原状回復工事をしてくれる業者を探す|無料相談サービスを利用しよう

作業の一連の流れ

空き部屋

まずは業者に連絡する

原状回復工事には一連の流れがあります。まず業者に電話をします。すると物件の間取り、広さ、賃貸契約の内容などのヒアリングがあります。連絡する前にあらかじめこうしたことを確認しておきましょう。ヒアリングが終われば次は現地調査です。原状回復工事専門のスタッフが派遣されてきます。スタッフは実態を把握した上で原状回復工事のプランを立てて顧客に提案します。綿密な打ち合わせを顧客とスタッフの間でしてプランが決まるとスタッフは施工計画書を作成します。同時にその施工計画書に基づいた見積書も提出されます。計画書と見積書に納得すれば発注の運びとなります。施工日を決めて原状回復工事の日を待つばかりです。このときに依頼者は周辺地域の住宅や店舗に挨拶周りをするといいでしょう。施工は周りの人の迷惑になりますので、後々トラブルが起こらないように挨拶をしておくことをおすすめします。原状回復工事の職人が着工すると、施工期間中は工事の進捗状況についての報告を随時受けます。現在どのような状態なのか、あとどのくらいで施工は終わるのかを把握できます。施工が完了すればハウスクリーニングによる仕上げ作業に入ります。入居者が安心して過ごせるように消臭作業を行っていきます。以上が原状回復工事の一連の流れになります。工事が終わった後のアフターフォローの内容も確認した上で業者に依頼するといいでしょう。業者の中には無料相談を実施しているところもあるので、依頼する前に問い合わせてみることもおすすめします。

現状と原状回復の相違点

リフォーム工事

原状回復とは賃貸契約やリフォーム工事に使われる言葉で、元の状態に戻すという意味があります。マイナスの価値になっているものをゼロに回復させるというのが定義です。これに対して現状回復は、現在の状態に戻すという意味になり、マイナスはゼロに回復しませんし、現状は誤字で正しくは原状ですから注意しましょう。

マンション退去時の注意点

空室

マンションを退去するに際しては現状復帰を求められることが通常です。業者に依頼して行うのが良い方法ですが、選定にあたっては複数業者から相見積をとった上で、価格以外の要素も考慮して最良と思われるところを選ぶようにしましょう。

退去後に求められる作業

ヘルメットを持つ人

賃貸物件を退去するときは、原状復帰をする義務が発生します。借主はそれにかかる費用をあらかじめ敷金として納めていますが、貸主側がその費用で原状復帰を行わなければいけません。原状復帰をするには専門の業者が欠かせなくなり、丁寧な作業や作業日程を守れるところが信頼できる業者になります。